Diving tour
– プロを目指そう –

ダイブマスター・コース(DMコース)

PADIダイブマスターはPADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。このコースに参加し、ダイビングの知識とスキルをプロレベルまで高め、ダイバーのリーダーとして活躍してみませんか!

  • 受講資格
  • ・PADIアドバンスドダイバー、又は同等の他団体Cカード取得者
  • ・PADIレスキューダイバー、又は同等の他団体Cカード取得者
  • ・過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケアトレーニング、又はそれに準ずるものの修了者
  • ・ログブック記載の最小限40回のダイブ経験
  • ・18歳以上
  • 受講料
  • 100,000円(税別)
  • 料金に含まれているもの
  • 学科講習費、海洋講習費
  • 料金に含まれていないもの
  • 登録申請費、教材代、海洋実習費
  • コース内容・必要教材について
  • こちらをご確認ください。

アシスタント・インストラクター・コース(AIコース)

PADIアシスタント・インストラクター・コースはPADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップとなり、一部のPADIコースを開催することができるようになります。

  • 受講資格
  • ・PADIダイブマスター、又は同等の他団体Cカード取得者
  • ・ログブック記載の最小限60回(ナイト、ディープ、ナビゲーションを含む)のダイブ経験
  • ・過去24ヶ月以内にCPRとファーストエイドのトレーニング修了者
  • ・認定ダイバーになってから6ヶ月以上経過していること
  • ・病歴/診断書の提出
  • ・18歳以上
  • ※このAIコースとOWSIプログラムを連続して組み合わせたものがPADIインストラクター開発コース(IDC)となります。
  • 受講料
  • 80,000円(AIコース単体で受講の場合)
  • 料金に含まれているもの
  • 学科講習費、海洋講習費
  • 料金に含まれていないもの
  • 登録申請費、教材代、eラーニング費、海洋実習費
  • コース内容・必要教材について
  • こちらをご確認ください。

PADI OWSIプログラム

PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終ステップです。このプログラム修了後、PADI主催のインストラクター・エグザミネーション(IE)に合格することで晴れてPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターになることができ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースからPADIダイブマスターコースまでのコースを開催することができるようになります。

  • 受講資格
  • ・PADIダイブマスター、又は同等の他団体のCカード取得者
  • ・ログブック記載の最小限60回(ナイト、ディープ、ナビゲーションを含む)のダイブ経験
  • ・過去24ヶ月以内にCPRとファーストエイドのトレーニング修了者
  • ・認定ダイバーになってから6ヶ月以上経過していること
  • ・病歴/診断書の提出
  • ・18歳以上
  • 受講料
  • 100,000円(OWSIプログラム単体で受講の場合)
  • 180,000円(AIコース+OWSIプログラムの連続したIDCとして受講の場合)
  • 料金に含まれているもの
  • 講習費
  • 料金に含まれていないもの
  • IDC登録料、教材代、eラーニング費、海洋実習費
  • コース内容・必要教材について
  • こちらをご確認ください。

エマージェンシー・ファーストレスポンス・インストラクター・コース(EFRIコース)

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターは、エマージェンシー・ファースト・レスポンスの一次ケア・二次ケア、子供のためのケア、CPR&AEDコースを開催することができる資格です。

  • 受講資格
  • ・過去24ヶ月以内にエマージェンシー・ファースト・レスポンス一次ケア・二次ケアの修了者
  • ・18歳以上
  • 受講料
  • 40,000円
  • 料金に含まれているもの
  • 講習費
  • 料金に含まれていないもの
  • 教材代、申請費

各種スペシャリティ・インストラクター・コース(各種SPIコース)

PADIのコースには様々なダイビングスタイルを楽しみながら学べるよう、様々なスペシャルティ・コースが用意されています。生徒ダイバーのニーズにあったスペシャルティ・コースを開催することができるよう各スペシャルティ・インストラクター資格を整備しましょう!

  • 認定条件
  • ・資格更新済みのOWSI以上。又は過去12ヶ月以内にIDC/OWSIプログラムを修了していること
  • ・一部のコースは資格更新済みのDM、AI
  • 開催可能コース
  • ・ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシーSPI (受講料20,000円)
  • ・UWナビゲーションSPI (受講料20,000円)
  • ・ドライスーツSPI (受講料20,000円)
  • ・ボートSPI (受講料20,000円)
  • ・UWナチュラリストSPI (受講料20,000円)
  • ・ドリフトSPI (受講料20,000円)
  • ・サーチ&リカバリーSPI(受講料20,000円)
  • ・UWフォトグラファーSPI (受講料20,000円)
  • ・プロジェクトAWARE SPI (受講料20,000円)
  • ・魚の見分け方SPI (受講料20,000円)
  • ・AWAREサンゴ礁の保護SPI (受講料20,000円)
  • ・デジタル・フォトグラファーSPI (受講料20,000円)
  • ・ダイブ・アゲインスト・デブリーSPI (受講料20,000円)
  • ・AWAREサメの保護SPI (受講料20,000円)
  • ・ナイトSPI (受講料30,000円)
  • ・器材スペシャリストSPI (受講料30,000円)
  • ・ディープSPI (受講料30,000円)
  • ・レックSPI (受講料30,000円)
  • ・エンリッチドエアSPI (受講料30,000円)
  • ・エマージェンシー・オキシジェンSPI (受講料30,000円)
  • 受講料
  • 20,000円~30,000円
  • 料金に含まれているもの
  • 講習代
  • 料金に含まれていないもの
  • 申請費、教材代(アウトライン)、海洋実習費

マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー(MSDT)準備パック

インストラクターになってからもステップアップを目指しましょう!生徒ダイバーが求める多くの継続教育コースが開催可能となります。 タルタルーガのMSDT準備パックは以下のMSDT認定条件の1つである5種類のSPIコースをセットで受講いただいております。

  • 認定条件
  • ・資格更新済みのPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターであること
  • ・5種類以上のPADIスペシャルティ・インストラクター(SPI)認定を受けていること
  • ・25名以上のPADIダイバーを認定していること
  • ※当店と常勤・非常勤契約を結んでいただける方は25名以上の認定数も確保することが可能です。
  • 受講料
  • ご希望のSPIコース料金から30%割引となります
  • 料金に含まれているもの
  • 講習料
  • 料金に含まれていないもの
  • 教材代(アウトライン)、海洋実習費

PADI IDCスタッフ・インストラクターコース(SIコース)

IDCスタッフ・インストラクターはインストラクター開発コース(IDC)でアシスタントとしての役割を担います。また、PADIアシスタント・インストラクター・コースを単独で実施することができるようになり「プロを育成する」ことができる、やりがいのある資格です。

  • 受講資格
  • ・資格更新済みのPADIマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーであること
  • ・エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクターであること
  • ・18歳以上
  • 受講料
  • 40,000円(2日間+フルIDC出席の場合)
  • 料金に含まれているもの
  • 講習料
  • 料金に含まれていないもの
  • 申請費、教材代、海洋実習費

コースディレクター 準備コース(CD準備コース)

PADIコースディレクター(CD) はPADIダイバー教育システムにおけるインストラクタートレーニングの担い手です。その数は世界中の全PADIメンバーの1%にも及びません。 PADIコースディレクター はインストラクター開発コース(IDC)を開催し、PADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)を認定できる唯一の資格です。 PADIコースディレクター になるには年2回行われるPADIコースディレクター ・トレーニングコース(CDTC)へ参加する必要があるわけですが、これに参加するためには様々な審査項目があり、その中で重視されるIDCへの参加回数があります。当店ではコースディレクター を目指される方(CDTCへの参加が決まった方)向けに、IDC聴講を積極的に受け入れています。

  • 参加資格
  • ・資格更新済みのPADI IDCスタッフ・インストラクター、又はマスターインストラクター
  • 参加費用
  • 30,000円(税別)
  • 料金に含まれていないもの
  • 海洋実習費