Diving school
– ダイビングをつづけよう –

OWD(オープン・ウォーター・ダイバー)になってみて思うこと・・・

  • 「中性浮力ってどんな感じかなあ?」
  • 「自分がどこを泳いでいるのかわからなくて不安・・」
  • 「水深18メートルより深いポイントだけど面白そうだな」
  • 「水中写真をうまく撮れるようになりたい!」

ダイビングをさらに楽しむためのスキルを身につけたい!というのが結構多くのダイバーの共通の思いのようです。

当店では、新しい体験を楽しみながら、スキルアップもできる!
そんなステップアップコースを豊富にご用意しております。

沈船を探検するレックダイビング、潮流に流されて楽しむドリフトダイビング、夜の海に潜るナイトダイビング・・・などなど。

冒険を楽しみながら上級ダイバーの仲間入りをしませんか?
効率よくコツを身につけられるので、どんどんうまくなりますよ!

プロフェッショナルもそんなに遠い道のりではないんです。
是非お気軽にご相談ください。

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOWコース)

5種類のダイブを経験、実習。講習は最短2日で受講が可能。
レスキュー・ダイバー・コースへステップアップするための必須コース。
水深30メートルまでダイビングを楽しむことができるようになります。

[受講資格]
PADIオープン・ウォーター・ダイバー以上、又は参加前条件を満たす他団体 Cカードレベル

受講料
66,800円 (税別)
料金に含まれているもの
学科講習費、海洋講習費2日分、教材代、申請費、器材レンタル代
料金に含まれていないもの
宿泊を希望される場合は宿泊費、食事代

アドベンチャ―コース・スペシャリティコース(当店開催可能メニュー)

[受講資格] PADIオープン・ウォーター・ダイバー以上、又は参加前条件を満たす他団体 Cカードレベル 他

以下のアドベンチャー・ダイブの内から選択

基本スキルを磨くコース

  • • ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシ―(浮力のコントロール)
  • • ナビゲーション(水中ナビゲーション)
  • • ドライスーツ(ドライスーツの使用法)
  • • ボートダイブ(ボートの利用法)
  • • 器材(器材のメンテナンス法)
  • • ナチュラリスト(水中生物の知識)

様々な水中体験コース

  • • ナイトダイバー(夜のダイビング)
  • • ディープダイブ(水深18メートルより深いダイビング)
  • • デジタルフォト(デジタルカメラ使用法)
  • • フォト(カメラ使用法)
  • • ドリフト(潮の流れに乗る楽ちんダイビング)
  • • エンリッチ(呼吸する酸素濃度を変えてみよう)
  • • レック(沈没船や飛行機を潜ってみよう)

環境問題を考えるコース

  • • プロジェクトAWARE(自然環境保護)
  • • 魚の見分け方(たくさんの魚の名前を覚える)
  • • AWARE サンゴ礁の保護(サンゴ礁の保護)
  • • AWAREサメの保護(サメの保護)

その他

受講料
1ダイブごと 5,000円(税別)~
※ 別途教材代が必要です。

レスキュー・ダイバー・コース(REDコース)

自分の身を守れる自立ダイバーを目指すなら、
是非レスキューダイバーに!
学科試験+海洋実習5ダイブ。計2日間以上。
※事前にエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム(EFRコース)の受講が必要です。

[受講資格]
PADIアドバンスド・ダイバー以上又は同等の他団体Cカード取得者
かつエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム修了者

  • 1.トラブルを未然に防ぐ能力がつきます。
  • 2.緊急時の応急処理法が身につきます。
  • 3.負傷したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
  • 4.水中捜索方法がマスターできます/自分自身の安全性が高まります。
受講料
74,800円 (税別)
料金に含まれているもの
学科講習費、海洋講習費2日分、教材代、申請費
料金に含まれていないもの
器材レンタル代、宿泊代、食事代

エマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム(EFRコース)

いざというときのために、救急法を身につけておきたいという方に!
所要時間は5~6時間。

[受講資格]
このコースは単独でも受講していただけます。

受講料
26,800円 (税別)
料金に含まれているもの
講習費、申請費、教材代

マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)

いろんな遊び方を知る、アマチュアダイバーの最高峰へ!

認定基準
PADI AOWの認定・PADI REDの認定・5種類以上のSP認定・50本以上のダイビング経験
申請費
10,000円(税別)